こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:312018-09-18 22:47 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000010407

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
019007010012 pdf  129. KB  36

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 11975
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000010407
タイトル 地方自治体におけるIT調達改革の現状
タイトル(ヨミ) チホウ ジチタイ ニオケル IT チョウタツ カイカク ノ ゲンジョウ
タイトル(その他) The present condition of IT procure reform in a Local-Government
著者 小林, 聰
著者(ヨミ) コバヤシ, サトシ
著者(その他) Kobayashi, Satoshi
所属 同志社大学総合政策科学研究科博士課程(後期課程)
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
7
1
開始ページ 189
終了ページ 202
刊行年月日 2005-12-10
内容記述 研究(Note)
IT(Information Technology)を取巻く日本の現状をみると、e-Japan計画のめざす電子自治体に行政分野の情報化関連需要の増加が見込まれ、ベンダーが受注合戦を繰り広げている。自治体における情報システム調達においては、最初に納入した大手事業者が、随意契約によって継続的にそのシステムを構築・管理する傾向があり、結果として新規事業者の参入を阻害する要因となっている。また、ソフト系IT産業は知識集約型産業であるが、労働集約型の建設業界と同じ構造になっている。すなわち大手ベンダーが元請けになって受注し、枝葉の仕事が中小のソフトハウスに回ってくる。京都府のIT関連業界団体の構成員は大半が中小・零細企業であり、2003年に財団法人京都産業21と社団法人京都府情報産業協会が実施したアンケート調査 からも、ソフト開発の下請構造の実態が明確となっている。地方自治体がu-Japan計画の下でめざす、電子自治体では汎用機やオフコンといわれるコンピュータを利用していた時期と、クライアントサーバーシステムでWebを利用する現在では、そのIT調達の方法は、まるで異なっている。現地ヒヤリングを実施した長崎県のほか、高知県、京都府の3府県のIT調達方法を分析し、その県独自の調達方法を論じ、最後にソフト系IT産業の対応についても触れる。
主題 e-Japan計画
電子政府
電子自治体
安値落札
ライフサイクルコスト
総合評価落札方式
IT調達
オープンソース
EA
CMM
日本十進分類法 318.5
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0