こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:2232018-07-16 19:29 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000010401

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
019007010006 pdf  153. KB  981

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 11969
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000010401
タイトル 商店街に関する政策科学的考察 ― 商業政策における商店街の捉え方 ―
タイトル(ヨミ) ショウテンガイ ニ カンスル セイサク カガク テキ コウサツ ショウギョウ セイサク ニオケル ショウテンガイ ノ トラエカタ
タイトル(その他) A Study of Policy Science on Shopping Street : Several Views of Commercial Policies in Policy Science
著者 上田, 誠
著者(ヨミ) ウエダ, マコト
著者(その他) Ueda, Makoto
所属 同志社大学総合政策科学研究科博士課程(前期課程)
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
7
1
開始ページ 83
終了ページ 103
刊行年月日 2005-12-10
内容記述 論説(Article)
本稿は、わが国の商業政策における振興政策として、長年にわたりその主軸を担ってきた商店街を対象とする政策に関する研究である。 商店街を対象とする政策は、1998年に、大規模小売店舗立地法、中心市街地活性化法、改正都市計画法の、いわゆる「まちづくり3法」が成立し、大店法を中心とした調整政策が大きく政策転換した後も、引き続き国や自治体の小売商業振興政策において重要なポジションを占めている。しかしながら、一方では、「商店街の疲弊や衰退に歯止めがかかっていないのではないか?」あるいは、「商店街政策や施策が機能していないのではないか?」 との指摘がなされているのも事実である。 本研究では、商店街の捉え方と本質把握の重要性を指摘することを目的に、3つの考察を行った。1点目は、商店街の概念の考察である。商店街には、空間的概念と組織的概念が存在し,この2つの概念の混同とズレから生ずる問題点を指摘する。2点目は、組織としての商店街の意思決定に関する考察である。商店街組合が戦略的な行動を選択しにくいメカニズムを説明する。3点目は、商店街の3段階の形成と、特に政策形成関係者としての位置付けの考察である。第1次百貨店法、第2次百貨店法、大店法の3つの法律の制定局面における政治的動きの特徴を説明する。 最後に結論として、商店街の多面性を理解し、本質を把握することが、商店街を対象とする政策を進めていく上で極めて重要であるということを指摘するとともに、合わせて商店街研究の多様性,学際性を示している。
主題 商店街
商業政策
小売商業政策
ポリシーウインドウズモデル
政策の窓モデル
政策科学
キングダン
百貨店法
大店法
商店街研究
日本十進分類法 673.7
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0