こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1152018-09-18 23:17 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000010399

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
019007010004 pdf  140. KB  808

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 11967
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000010399
タイトル 「経営組織の変化と業績管理・人事管理〜電機メーカーの事例」
タイトル(ヨミ) ケイエイ ソシキ ノ ヘンカ ト ギョウセキ カンリ ジンジ カンリ デンキ メーカー ノ ジレイ
タイトル(その他) Changing Organization and Performance Management,Human Resource Management-Case Study of Electronic Company
著者 佐藤, 厚
著者(ヨミ) サトウ, アツシ
著者(その他) Sato, Atsushi
所属 同志社大学総合政策科学研究科教授
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
7
1
開始ページ 37
終了ページ 59
刊行年月日 2005-12-10
内容記述 論説(Article)
近年、経営のグローバル化、経営組織の再編、あるいは「成果主義」人事管理や雇用形態の多様化が進展しているが、これらの現象がどのような連関を保ちながら進展しているのか。ある電機メーカーの事例を素材に業績管理と人事管理に焦点を当てながら解明するのがこの事例研究のねらいである。事例分析の主な結果は以下に要約される。第1に、この会社のグローバル経営を支える組織形態は、製品事業本部が商品企画、製造、販売、マーケティングまでの事業活動を担い、それを海外事業本部が調整、支援する形をとっている。第2に、業績管理の起点となる目標設定(plan部分)と業績評価基準は、事業本部→事業部→社員へとブレークダウンされるが、バランス・スコア・カード(BSC)と呼ばれるシステムがそれを支えている。第3に、業績管理の「do部分」、つまり進捗管理は、生産・販売・在庫指標で管理され、これがグローバルなレベルでのサプライ・チェーン・マネジメント体制(SCM)を支えている。第4に、業績管理の「check」部分は、BSCで重視指標が与えられるが、売上げと利益拡大がもっとも重視されている。第5に、それゆえ業績管理の過程では、現行利益と目標利益の差を埋めるためのコスト削減努力が重視されており、これは要員・人件費管理の適正化と非典型雇用の活用を促す。第6に、人事管理のしくみは、近年「成果重視」型へと変更されたが、個人の報酬が役割や目標によって決まり、また個人業績は部門業績とあわせて評価されるようになったという意味で報酬は組織の仕組みとの関連を強めているとみることができる。
主題 経営組織
グローバル経営組織
業績管理
要員管理
人的資源管理
製造請負
非正規雇用
日本十進分類法 336.3
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0