こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:142018-11-18 19:33 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000010398

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
019007010003 pdf  67.0 KB  5

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 11966
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000010398
タイトル Problems of the First-to-Invent Priority Rule of the U.S. Patent System
タイトル(その他) 米国特許制度における先発明主義の問題点
ベイコク トッキョ セイド ニオケル セン ハツメイ シュギ ノ モンダイ テン
著者 Kawaura, Akihiko
著者(その他) 川浦, 昭彦
カワウラ, アキヒコ
所属 同志社大学総合政策科学研究科教授
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
7
1
開始ページ 27
終了ページ 35
刊行年月日 2005-12-10
内容記述 論説(Article)
In administering the patent system it is necessary to clearly define who has the right to obtain a patent for an invention. This is because more than two parties often come up with a similar invention around the same time. One system to settle this issue is the first-to-file priority rule under which whoever is the first party to submit the patent application is given the right, and the other is the first-to-invent, by which the true first inventor obtains the patent. While all the countries except the United States now adopt the first-to-file priority rule, and the United States has refused to change its traditional first-to-invent rule. This paper investigates consequences of the first-to-invent rule, and confirms that the U.S. system had discriminated against foreign nationals.
主題 Patent
United States
Priority Rule
First-to-Invent
First-to-File
Interference
日本十進分類法 328.5
本文言語 English (英語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0